MENU
HOME
TOP

Google Chrome高速化! 簡単おすすめflags設定

なんだかんだ言っちゃって、最近はchromeユーザーがほとんどですね。

僕もブラウザは色々使ってましたが、 結局使い勝手が良いコレ「chrome」に落ち着きました。

このブログに来てくれる半数以上の方がchromeユーザーっす。

ただねえ、たまにもたつく時ありますよねえ??

コレだけ何とかならんかと検索すると、なんだかんだ「マジと噓」がヒットしました。

で、実際に効果があったやつだけピックアップしておきます。

flags設定にアクセス

まず、「chrome://flags/」を入力してEnterで飛びます。

上に警告がある通り、「これらの機能は実験的な機能がです! 有効にすると、ブラウザのデータ損失とかセキュリティやらプライバシーが侵害される可能性があります。」みたいな感じで脅してきますが、特に怖がる必要もありません。(すぐ戻せるし)

メモリの解放

まず、定番のメモリ解放ですね。

Automatic tab discarding」を検索したらでます。

これをEnabled「有効」にします。

こちらは、使用していないタブのメモリを自動で解放するという機能です。

ポンポンっと先に進めていきますが、基本的にflagsをいじったら、chromeを再起動してから設定変更が有効になります。

シンプルキャッシュ

Simple Cache for HTTP」で検索。

これをEnabled「有効」にします。

ブラウザのキャッシュファイルチェックにかかる時間を短縮する、今までとは違った新しいキャッシュシステムのようです。

スムーズスクロール

Smooth Scrolling

これをEnabled「有効」にします。

ページのスクロールがスムーズになる機能です。

パソコンが古いせいか、カックカクしてたのが改善されました。これの場合、高速化というかスムーズになっただけで、早くなった気がするだけかも。

画像描画の同時処理数増加

Number of raster threads

これをEnabled「有効」にします。

画像描画の同時処理数を最大4まで増やすことでページの読み込みが早くなるというやつ。

で、最後に再起動すれば適用されます。

あと、以下のものもネットでたくさん紹介されてました。

  • Override software rendering list
  • GPU rasterization
  • Accelerated 2D canvas

ただ、こいうのはGPU使うやつでグラフィックボードの性能が悪かったりすると、遅くなるので今回は止めておきました。

性能のよいグラボつんでる場合は、試してみてもよさそうです。

ちなみにオンボードのPCで有効にしたら遅くなりました。(泣)

スポンサーリンク

この記事をかいた人

閲覧どうもありがとうございます。当サイトキャンディースタイルとWordPressテーマのWhite Tigerというサイトを運営しています。まだまだ初心者なので、お見苦しいとこがありますがどうぞよろしく。

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開される事はございませんが*の付いている欄は必須項目となります。
なおコメントの反映にお時間がかかる場合があります事をご了承ください。


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください