MENU
HOME
TOP
WhiteTiger Ver 1.2.1に更新しました。確認よろしくお願いします。

新エディタGutenbergに備えアドミンバーに新旧エディタの選択項目を追加する方法

Gutenbergってなんやねん!!って思っていたら、もうそろそろですよ??

最近ダッシュボードで偉そうにしてるアレ。WordPress ver5.0.0から標準エディタになっちゃうやつのことです。

で、これがまた結構便利なんですわ。慣れるまではウザイのなんのってやつ。なので今回は今まで使ってたエディタの方がいいって場合に切り替えれる項目を付けてみました。

そんな紹介です。ていうか自作テーマの管理で一つずつ残しておかないと忘れちゃう(おバカさん)だから自分用のメモです。

アドミンバーに項目を追加

単純にコピペするだけでいいです。functions.phpに以下のコードを追記してください。

//アドミンバーにメニュー追加
function customize_adminbar($wp_admin_bar){
  //メニュー追加
  $title = sprintf(
      '<span class="ab-label">%s</span>',
      '投稿'//親メニューラベル
  );
  // 親メニューID
  $wp_admin_bar->add_menu(array(
      'id'    => 'dashboard_menus',
      'meta'  => array(),
      'title' => $title
  ));
  //サブメニュー  
  $wp_admin_bar->add_menu(array(
    'parent' => 'dashboard_menus', // 親メニューID
    'id'     => 'menu-singles', // サブメニューID
    'meta'   => array(),
    'title'  => '投稿一覧', // ラベル
    'href'   => home_url('/wp-admin/edit.php') // ページURL
  ));
  //サブメニュー
  $wp_admin_bar->add_menu(array(
      'parent' => 'dashboard_menus', // 親メニューID
      'id'     => 'menu-dashboard', // サブメニューID
      'meta'   => array(),
      'title'  => '新規投稿', // ラベル
      'href'   => home_url('/wp-admin/post-new.php') // ページURL
  ));
    //サブメニュー
  $wp_admin_bar->add_menu(array(
      'parent' => 'dashboard_menus', // 親メニューID
      'id'     => 'menu-dashboard-berg', // サブメニューID
      'meta'   => array(),
      'title'  => '新規投稿(旧エディタ)', // ラベル
      'href'   => home_url('/wp-admin/post-new.php?classic-editor') // ページURL
  ));
}
add_action('admin_bar_menu', 'customize_adminbar', 9999);

使いようはコメントアウトしてるので、ほかにも項目追加で応用が利くと思います。

動作の確認

これで上の管理バー(アドミンバー)に項目が追加されてるので、切り替えることができます。


ようするに/wp-admin/post-new.phpか?classic-editorへURLの変更をしてるだけです。

それでは!(`・ω・´)ゞ

スポンサーリンク

この記事をかいた人

閲覧どうもありがとうございます。当サイトキャンディースタイルとWordPressテーマのWhite Tigerというサイトを運営しています。まだまだ初心者なので、お見苦しいとこがありますがどうぞよろしく。

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開される事はございませんが*の付いている欄は必須項目となります。
なおコメントの反映にお時間がかかる場合があります事をご了承ください。


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください