MENU
HOME
TOP
WhiteTiger Ver 1.2.1に更新しました。確認よろしくお願いします。

WordPress 記事一覧の間にアドセンス広告を表示させる方法

ブログへのアクセスって何故かは不明なのですが、トップページのアクセスが多かったりします。

ということで今回は一覧ページの記事と記事の間にアドセンス広告を表示する方法を紹介しようと思います。

トップページにもせっかくアクセスがあるんですから遠慮せずにアドセンス広告貼っちゃいましょう!!

テーマの編集

※まずテーマを編集する時は子テーマに記述するのが基本です。

親テーマをカスタマイズしてたばっかりに、テーマをアップデートしたら消えてしまったなんて事にならないよう、子テーマでのカスタマイズをオススメしておきます。

カスタマイズするテーマファイルを探す。

まずカスタマイズするのに、テーマファイルの中にある 投稿ページの記事一覧である、ループ箇所を探して欲しいのですが大抵は、home.phpもしくは、index.phpなどですね。

最近のテーマは任意のファイルを作って呼び出してる事も多いかな。とりあえず以下のコードを探してみて下さい、大抵はすぐ見つかると思いますので。

<?php if ( have_posts() ) : while ( have_posts() ) : the_post(); ?>

それを以下のコードに書き換えます。

<?php if ( have_posts() ) : while ( have_posts() ) : the_post(); $loop_count++; ?>

雰囲気で、だいたい分かると思います。最後にカウントを付けただけです。  

$loop_count++;

表示させる場所を編集

表示する場所は、今編集してるファイルの最後の方にあるはずです。 ほとんどは、こういったコードになっています。

<?php endwhile;
else: ?>
<p>記事がありません</p>
<?php endif; ?>

これを以下のように書き換えて下さい。

<?php if ( $loop_count == 2 || $loop_count == 5 || $loop_count == 8 ) : ?>
<div id="index-ad">
<p>スポンサーリンク</p>
</div>
<?php endif; ?>
<?php endwhile;
else: ?>
<p>記事がありません</p>
<?php endif; ?>

表示する場所「順番」を決める

※先ほどと同じコードです

<?php if ( $loop_count == 2 || $loop_count == 5 || $loop_count == 8 ) : ?>
<div id="index-ad">
<p>スポンサーリンク</p>
</div>
<?php endif; ?>
<?php endwhile;
else: ?>
<p>記事がありません</p>
<?php endif; ?>

上記のコードだと、表示する場所は2番目、5番目、8番目の記事下に三ヶ所表示されるようにしてます。   これを単純に表示する順番を変えたい場合は以下の様に

  1. 「count == 2」←この部分を1にすれば3番目
  2. 「count == 5」←この部分を3にすれば8番目
  3. 「count == 8」←この部分を10にすれば13番目

要するにcount「count == 8」←この数字を変えたら表示順が変わるという事です。

ちなみにですが、表示を三個ではなく一つにする場合は以下のように。

<?php if ( $loop_count == 1 ) : ?>

2個だと このようにしてやればオッケーです。

<?php if ( $loop_count == 1 || $loop_count == 2 ) : ?>

テーマファイルが見つからない場合

もしテーマファイルが見つからなかった場合は、お使いのテーマの作者に問い合わせる。もしくは、テーマファイルのループ部分をググればすぐ分かるかと思います。

ですが今回は便利なWordpressプラグインがあるので自分でテーマファイルを調べてみるのも良いかもしれませんね。  

プラグインでテーマファイルを確認する

まずは「Show Current Template」というプラグインを検索してインストールしてください。

 

プラグインを有効化すると、アドミンバー「管理バー」に以下のように、現在開いてるページで使用されているテンプレートファイル名が表示されます。

テンプレート: home.phpとなっていますが、私の場合は自作テーマなので他のテーマでも必ずhome.phpを使っているわけでは有りませんので確認してください。  

テーマファイルが分かれば、管理画面の「テーマの編集」から以下の様に、投稿ページ(home.php)を編集すればいいという事です。

これでテーマの編集画面から どのファイルを編集すればいいか分かりますね?(‘ω’)

広告コードを貼り付ける

私の場合ウェジットエリアを作ってテキストに、アドセンスコードを貼りつけて表示させてます。

<?php if ( $loop_count == 3 || $loop_count == 8 || $loop_count == 13 ) : ?>
<div class="post">
<div id="index-ad">
<!-- アドセンス広告エリア -->
<?php if ( function_exists( 'dynamic_sidebar' ) && dynamic_sidebar( 'index-ad-area' ) ) : else : ?>
<?php endif; ?>
<!-- 広告エリアここまで -->
</div>

アドセンスなどの広告をいったん貼ってしまえば外す事はあまり無いと思います。

なので今回は以下のように直接書いちゃった方が楽です。

<?php if ( $loop_count == 3 || $loop_count == 8 || $loop_count == 13 ) : ?>
  <div class="post">
    <div id="index-ad">
<!-- アドセンス広告ここから -->
ここにアドセンスのコードを貼り付ける
<!-- 広告ここまで -->
  </div>

まとめ

ほぼコピペだけで出来たかなと思います。アドセンスなどの広告コードは、一度貼ってしまえば、自動で表示してくれるので管理も楽です。

Google AdSenseの場合は、クリックが無くても表示しただけで収益が発生する広告も少なくはないですねよね? クリック単価に比べればおまけ程度になりますけど…..

それでも、表示されるだけで収益が発生する箇所があるなれば、そこに広告は入れなきゃ損! ということでぜひ!導入してみて下さい。

これでブログ収入がアップすることを願っております。☆⌒d(´∀`)ノ

スポンサーリンク

この記事をかいた人

閲覧どうもありがとうございます。当サイトキャンディースタイルとWordPressテーマのWhite Tigerというサイトを運営しています。まだまだ初心者なので、お見苦しいとこがありますがどうぞよろしく。

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開される事はございませんが*の付いている欄は必須項目となります。
なおコメントの反映にお時間がかかる場合があります事をご了承ください。


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください