MENU
HOME
TOP

Push7の登録からWordPressに購読ボタンを設置する方法

ちわっす!プッシュ通知を送る相手もいないけんじです。( ノД`)シクシク…

そんなことより、この「push7」というwebサービスは、ブログを更新した際に通知を送れるという通知サービス。私のブログよりは100億万倍以上の知名度はありますが、まだ導入していないブログがチラホラとございます。

先に言っておくメリットは、送る相手側に登録がいらないと言う大変便利なサービスなので、ぜひ導入してみてください。

対応プラットフォーム

Push7は、Chrome・Firefoxのブラウザであれば直接プッシュ通知がきます。モバイルでも、Android端末やiPhoneなどのiOS端末で、Chrome・Firefoxのユーザーであればブラウザで直接通知を受けることが出来ます。

Push7の登録方法

まず、Push7から通知を送るようにするには、アカウント登録が必要なので、Push7公式サイトから「新規登録」をクリックします。

仮登録をする

「新規登録」をクリックすると、メールアドレスを入力する画面になりますので、push7のアカウントで使いたいメルアドを入力し、「仮登録」をクリックします。

push7 仮登録の入力フォーム

すると「 メールを送信しました…. 」となります。

本登録をする

本登録を完了させるために、メールを確認しましょう。

先ほど入力したアドレスに、以下のようなメールが届きますので「 下記 URL から本登録を行ってください 」のアドレスをクリックします。

push7メールから本登録へのリンクにアクセス

URL をクリックすると、本登録の画面にアクセスしますので、先ほどのメールアドレスを入力し、パスワードを決めて入力、「 パスワード(確認) 」も同じように入力して下さい。

ユーザーの種類は個人で有れば個人を選択します。

push7 本登録の入力フォーム

入力したら忘れずに「新規会員登録」をクリックしましょう。

サイトの登録をする

「新規会員登録」をクリックした時点で、以下のような画面にアクセスしますので、「新規アプリケーション作成」をクリックします。

次に Push7 の新規アプリケーション登録の 入力欄が出てくるので、以下の項目を設定します。

ここで設定することといえば、通常は以下の通りになります。

  • 「アプリケーション名」サイトタイトルを入力する。
  • 「URL」サイトのURLを入力すす。
  • 「アイコン」任意の画像をアップロードする。
  • 「カテゴリー」ドロップダウンから選択する。

私の場合だと、以下画像のようになります。

push7新規アプリケーション作成の入力フォームのサンプル

全て入力項目が埋まれば、忘れずに一番下にある「送信」をクリックします。

登録が完了すると、このような感じで表示されます。

push7の購読ボタンの設置

SDKの貼り付け

まず、「導入設定」をクリックします。

以下の画面の「push7 SDKを導入してください」をクリックします。

すると、スクリプトソースが表示されるので、コピーします。

貼り付ける場所は「外観」>>「テーマの編集」>>(フッター)の</body>タグ手前に貼り付けてください。

push7の購読ボタンを設置する

先ほどの「導入設定」>>「ボタン設定」から購読ボタンを選択します。

1 表示したい形式のボタンを選択します。

2 ボタンに表示されるメッセージを変更することができます。以下のようにpush7と表示してるブログをよく見かけますね。

3 購読ボタンを表示したい場所「ウィジェットやテンプレート」にコードを貼り付けます。

ボタンのみ

<div class="p7button" data-button-text="購読する"></div>

購読者付きボタン(右)

<div class="p7button" data-button-text="購読する"></div>

購読者付き(上)

<div class="p7button" data-align="top" data-button-text="購読する"></div>

私の場合は、分かりやすいように投稿記事の下の方に表示してみました。今は重たいので表示してませんが(;´・ω・)

push7購読ボタンの設置サンプル

更新情報を自動通知にする設定

お知らせ内容を直接書いて送信することも出来ますが、ブログ記事を更新した際に、毎回手動でってのはダルイカンジです。^^;

WordPressサイトのRSSリンクを登録することで、更新時に自動でプッシュを送信することができるので設定します。

まず左メニューの「自動送信」をクリックします。

サイトのRSS URLを入力して「設定を保存」をクリックします。

一応 WordPressの場合は、これです。ドメインの尾末に「feed」を付ける。

設定は以上で完了です。

まとめ

記事の冒頭にも書きましたが、push7ではChrome・Firefoxなどのブラウザさえ使っていればプッシュ通知を受け取れるので便利です。

また、購読する相手側に対して、これまでみたいにRSSリーダーとか、feedlyといったアカウント登録など面倒な作業がありませんので購読しやすいですね。

モバイルでも Android端末、iPhoneなどのiOS端末で、Chrome、Firefoxのブラウザを利用してさえいれば、特に、アプリの利用も必要ないので購読ボタンを押すだけという利便性。

これからの時代こういった機能が一般的になってくるかもしれませんので早めに導入しておいた方がよさそうですね。

スポンサーリンク

Profile

閲覧どうもありがとうございます。 ネット系で気になったことや、やってみたことをゆる~く配信してます。 まだまだ初心者なので、、お見苦しいとこがありますが、どうぞよろしく。

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開される事はございませんが*の付いている欄は必須項目となります。
なおコメントの反映にお時間がかかる場合があります事をご了承ください。